levitra3

レビトラは、即効性に優れたED治療薬で、バイアグラの次に誕生したED治療薬です。

日本での発売は、バイアグラの発売開始の翌々年2001年に申請が行われ、2004年に製造販売が認可されました。
そしてその後の2004年6月に5mgと10mgの発売が開始され、その3年後の2007年7月に20mgが発売されました。

食事の影響を受けやすく、効果発現まで時間がかかる、効果時間が短い、などといったバイアグラに対する不満を、レビトラはカバーするよう開発されました。

レビトラは、バイアグラ、シアリスに並んで「3代ED治療薬」とも呼ばれていますが、レビトラはこのED3剤の中でも特に即効性があると言われています。
レビトラの効果発現時間は、服用後15~30分程度と言われ、バイアグラが30分~1時間、シアリスが1~3時間であることと比べると、その圧倒的な即効性がわかります。

レビトラの有効成分バルデナフィル

レビトラのED症状改善有効成分は「バルデナフィル」です。

バルデナフィルは、大変水に溶けやすい性質を持っています。この水に溶けやすい性質が、レビトラの即効性を生み出します。

また、バルデナフィルも他のED治療薬同様、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素(PDE5)」のはたらきを阻害することによって勃起を促します。「PDE5阻害型」のお薬と呼ばれることもあります。

レビトラの服用方法

レビトラの服用方法は、性交渉の1時間前に空腹状態で服用する、というものが基本の服用方法です。

レビトラは、即効性のあるお薬で、基本的に効果発現は15分~30分程度と言われていますが、これには体調体質によって個人差があります。
確実な効果を得るために、約1時間前には服用しておくと安心でしょう。

「ベッドに入ってから飲んでも間に合う」、「相手がシャワーを浴びている間に飲んでも大丈夫」などとも言われるレビトラですが、あまり過信はしすぎずに、特に初めて服用する場合は余裕を持つようにしましょう。

レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、少なからず食事の影響は受けてしまうため、空腹状態で服用することをおすすめします。

レビトラの副作用

レビトラの主な副作用として、頭痛や倦怠感、顔のほてり、目の充血などが報告されています。
これらの症状は、レビトラ服用者の8割にあらわれる副作用であるため、あまり気にせず、「効果発現の合図」と捉える程度で大丈夫です。

頭痛や、鼻づまりがひどい場合は、市販の頭痛薬や、鼻炎薬と併用しても構いません。

どうしも気になる副作用や、これらの副作用が効果発現時間の6~8時間内に治まらないようであれば、医師の診断を受けましょう。